2016年5月3日火曜日

第14回PLANET班 きみっしょん参加者の声

第14回PLANET班


*****PLANET班の紹介******

PLANET班参加者

後列左から ジャッキー たっちゃん なかむー   前列左から ふかっつー ぱら うどん      
planet002.JPG

PLANET班の作成ミッション

 「バス部同一パネル型人工衛星を用いた修理システムとそのデリバリー衛星「でまえ」」

PLANET班のミッション概要

人口衛星の部品交換を宇宙で行うことで、衛星の寿命を伸ばし、宇宙空間のデブリ増加抑止の一手とする。この一連の流れを工学実証することを目的とし、我々は衛生が故障したときの新たな修理システム系を提案する。この修理システムは、交換するパーツを保管するための母艦、修理を行う衛星「でまえ」、修理対象の衛星三機からなる。また、衛星のバス部の機器を機能ごとに分け、パネル上に配置することで修理の効率化を図る。
planet_short.jpg
**********************
「きみっしょんに参加してよかったこと」,「未来のきみっしょん参加者へひとこと」 を聞いてみました(´▽`)ノ☆

Q1 きみっしょんに参加して良かったことはなんですか?


自分の進路を決めることが出来た


宇宙ミッションを創れたこと。宇宙開発の最前線の人が見てくれること。はやぶさ2のエンジンの人、はやぶさ2の偉い人、あかつきの人、ひさきの人・・・多くの人がきてくれてお話が聞けて、議論もできます。宇宙がもっと好きになれること。5日間の宇宙漬けで、もっと宇宙を知りたい、ここで働きたいと強く思うようになりました。前までは、漠然としていた進路が、宇宙に携わりたいというものに変わりました。これが一番よかったことですが、宇宙が好きという友人をたくさん作れたことです。私たちのきみっしょんは終わっていしまいましたが、このつながりは今でもあります。このつながりは私にとってよいものです。


個人技よりも自分が持っている力を仲間と掛け合わせることに意味があると気づかされたとても良い経験だった。そして何よりも、自分を知ることができる。自分がどんな人間で、どんなところで必要とされているかなど、自分自身を再認識させてくれる数少ない機会であった。

きみっしょんの全てがそのまま全部いい経験だったんですけど、特に影響が大きかったことは2つあります。
1つは、同じような夢を持つ友達がたくさん出来た事です!
きみっしょんに参加して、自分よりもっとたくさんの知識を持ってる同じ年の子たちといっぱい議論出来たからとっても楽しかったし、いい刺激になりました!!
もう1つは、いろんな人の話をきけることで進路きめるための手助けになったことです
きみっしょん期間中を通してたくさんの院生さんと仲良くなれます。いろんな方の話を聞く中でだいぶ自分の中での進路というかしたいことがはっきりしてきました。今は受験向けて頑張ってるんですが、ちょっと立ち止まっちゃった時とかはその時の話を思い出したり頑張ってるであろう(笑)仲間を思い出したりして自分を奮い立たせています!!
 
色々な人と出会えることです。
全国から集まった参加者や、実際に宇宙科学研究所で研究をしている大学院生、研究者と知り合えます。バックグラウンドが違い、自分と違う考え方を持つ高校生と出会い、議論したことは、様々な刺激を与えてくれました。たくさんの人と出会い、議論できたことは、自分にとって、大きな財産となったと思います。

自分はまだまだだ、ということが分かったことです。
きみっしょんでは、自分と同い年なのに、自分よりもずっと知識があり、ずっとすごい人と議論することができました。もっと成長することが必要だなと実感しました。これは、学校に行って、毎日同じような人と話していては気づけぬことに気づけたと思います。

一番は、JAXA相模原キャンパスという素晴らしい環境で、本物の研究活動に近い体験ができたこと、です。実際の研究では、自分一人ではなく、チームで進めるものです。そのチームには、沢山の個性を持った沢山の人がいます。研究とは、その全員が同じ方向を向いていないと良い結果は得られません。
きみっしょんでも同じです。五日間という短い時間で、班として一つの結果を出すには、自分はどうしたら良いのか、班員一人一人が考えながら議論を進めていく必要があります。
きみっしょんに参加していなかったら、研究の本当の辛さや楽しさを味わうこともできなかったと思います。

Q2 未来のきみっしょん参加者へひとことお願いします!


きみっしょんは、有意義なものなので、ぜひ参加してみて下さい。


きみっしょんに応募するのは迷いました。きみっしょんのやっていることが難しそうで、自分がいて良いとは思えなかったからです。同じ気持ちの皆さん、心配をしないでください。きみっしょんはすこしレベルが高いときもありますが、大学院生さんが文字通りそばにいてくれるので、宇宙に詳しくなくても宇宙に情熱さえあれば大丈夫です。
ミッションで選考されるので、ミッションで困っている人がいると思います。
宇宙の知識などを調べているなら、理系しか通りません。しかし、現実には文系の人もいます。なので、緊張をほぐして、自分の好きな宇宙を紙にぶつけてあげてください。院生さんは確実にその心を読んでくれます。応募しないと通りません。きみっしょんの全員が通る関門です、がんばりましょう。
IMG_4325.JPG
多分これはみんな言うことなんだと思うけど、悩んでるなら行動に移す!!課題作文何でもいいから書いてみる!!!高校生らしいユーモア、ほんとに大事だと思う👍🏻 このブログを見てる時点でもう悩む必要無いよ、ちょっとでも興味を持ったんなら絶対に参加した方がいいです!高校生の頃からこんな経験できるなんてほとんどないし、宇宙大好きな友達がたくさん出来るのとっても楽しいよ😆

宇宙が好きというだけで、特別何かに詳しいというわけではありませんでした。きみっしょん参加に一番必要なのは、宇宙が好きという気持ちと、やってやるという強い気持ちではないかと思います。もし少しでも興味があるなら迷わず応募すべきです。ここからは想像を超えるようなたくさんのことを得ることが出来ると思います。
これまでぼんやりと描いていた「将来の夢」というものを、よりはっきりとした形にしなくてはなりません。そんな高校生という時期に一番重要だと思うことは、沢山の経験をすることです。高校生のこの時期だからこそ、家で将来という漠然とした課題に頭を悩ませている暇があったら、外に出て、沢山の経験をして沢山のことを感じてみる方がずっと良い。「百聞は一見にしかず」なんて言葉がありますが、これは本当に的確に本質を表した言葉だと思います。やってみなけりゃ何もわからないのです。
宇宙に関係した仕事に就きたいという人、本当に宇宙は一生を捧げるに値するものですか?
宇宙に興味はあるけど仕事とまでは…という人、宇宙を仕事にするということはどういうことなのか、知っていますか?きみっしょんがこういうことを考える経験として非常に有意義なものであるということは自信を持って言えます。だから、今このページを見ているあなた。
このきみっしょんに少しでも興味があるのですよね。迷っていないで応募してみませんか。「頭に汗かく」五日間は、きっとあなたが想像する何倍も辛くて苦しくて楽しくて充実した五日間になりますよ。

PLANET班の皆さんありがとうございました!ヽ(*´∀`)ノ♪