2016年5月10日火曜日

チーフ紹介 石川聡一

初めまして!
2016年度きみっしょん、生活サポート係チーフのおやっさんこと石川聡一です。
歓迎会から昼のお弁当まで、皆さんのサポートをしまくりますよ〜。


趣味の一つ、旅行に行った時の写真です。ゴルフの写真ってあんまりないんですよ…

では簡単な自己紹介から。


・名前
先ほど書きました、おやっさん(石川聡一)です。
このあだ名の由来について皆さん気になるかもしれませんが、実はこれ、先代の生活サポート係チーフの方に付けて頂いた由緒正しきあだ名なのです。


理由を聞いてみたところ、見た目で何となく、だそうです。
自分でも結構気に入ってるので、気軽に呼んでくださいね笑


・所属
現在、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻に所属しています。この記事が世に出回る頃にはもう修士2年ですね。
大学院生として、ここJAXA/ISAS(宇宙科学研究所)の電波天文グループにおります。


・趣味
趣味は様々ありますが…主立っているのはゴルフですね!
どうです、親父臭い雰囲気が漂ってきているでしょう?そう思ったあなた、正解です!


ゴルフについては言わずもがな。歴もかれこれ12年目でしょうか。
ルールは簡単。より少ない打数でコースを回りきってくればいいんです。そのために世のおじさま方は日々練習に励んでいるのです。


ジュニアの頃は安かった練習代も、おじさんになった今や一般料金。2週に1回行ければ良しといったところでしょうか。ですがこのスポーツ、一度上手くなるとサボってもそこまで下手にならないんです。お得ですね笑


ゴルフは、雄大な自然の中で同伴者と競い合ったり、はたまたゆったりと景色を楽しんだりと様々な面白さのあるスポーツです。機会があれば皆さんも是非やってみてくださいね!


・研究
上に書きましたが、私は電波天文学分野を専攻しています。その中で現在は臼田宇宙空間観測所64m電波望遠鏡に搭載予定の低雑音受信機を設計しています。
皆さんさっぱりですよね?なのでここでは簡単に説明をしたいと思います。


臼田64mパラボラアンテナ(http://www.jaxa.jp/about/centers/udsc/index_j.html)


ではまず「電波」です。
まず皆さんが思いつくのは携帯などの「電波」でしょう。それで全く問題ありません。皆さんのよく使う「電波」と私たちの観測をしている「電波」、ほとんど同じものなんです。


ん?ほとんど…?微妙なニュアンスを使ってきましたね。
この表現を使ったのは何故かというと、それらは「波長」が少し違うからなんです。
私たちの目にしている「光」は波の性質を持っています。この波の周期的な長さによって、光は様々な名称で呼ばれています。その中の一つが「電波」なんですね。
(http://wwwj.vsop.isas.jaxa.jp/yougo/k01_elec-mag.html)

私が現在設計している受信機の対象としている波長が、携帯電話などで使われる波長とは少し違っているので、「ほとんど」と使ったわけです。
天体からの電波をキャッチして私たちに分かるような信号に変換してくれる装置、何となく携帯電話みたいなものを作っているのだと思ってもらえれば良いでしょう。受信しかできませんが笑


では、一体なぜその装置を作らなければいけないのか。


はい、手短に言うと古くて性能が悪いのです。
そのため、もっぱらの目標は、雑音温度という受信機性能の指標を低〜く抑えて、他の世界に名だたる電波望遠鏡たちに負けないような性能を出していこう、というものです。
かなり工学系に近いことをやっていますね。


・きみっしょんへ向けて
このブログを見て下さっている皆さんは、きみっしょんに興味があるのでしょう。
そこで皆さんに私から言いたいことは、


是非とも、きみっしょんに参加してください!
「宇宙のことそこまで知識ないし…」「そんな自信ない…」そんなこと関係ありません。
参加してみたい」、この思いだけで十分です!


私たち院生スタッフ一同、高校生の皆さんがこのきみっしょんでどんなことを感じ、学んでいって欲しいか、どうすれば楽しんでもらえるのかを考え準備を進めています。
そして、まだ見ぬ参加者の皆さんに会うことをとても楽しみにしています!


きみっしょんは、発射場です。
皆さんの夢、私たちと一緒に打ち上げましょう!


生活サポート係チーフ おやっさん