2016年6月2日木曜日

スタッフ紹介 佐野圭

こんにちは。きみっしょんスタッフの「ざし」こと佐野です。

私は、東京大学・理学系研究科・天文学専攻の博士課程3年です。
大学4年間と大学院5年間で、かれこれ学生9年目になります。
宇宙研では、宇宙物理学研究系・赤外線グループに属しています。

趣味

趣味はいろいろあります。

ランニング、筋トレ、卓球、映画、読書、漫画、歌を歌うこと・・・

などです。


あと旅行にも結構行ってますね。
写真は、はやぶさ2の打上げを種子島に観に行ったときの(すかしてる)私です。
打上げの写真とかじゃなくてすみません。



研究内容

私は、宇宙で最初にできた星の研究を行っています。

下の図のように、現在の宇宙は誕生してから約137億年が経過しています。宇宙で最初の星は、宇宙が誕生してから数億年後にできたと考えられていますが、それがどのようなものだったのかはまだ分かっていません。地球から非常に遠いので、暗すぎて見えないからです。

そのような暗い星々でも、それらがたくさん足し合わされた「背景放射」としてなら、それなりに明るくなるので、観測することができます(図の赤矢印)。私は、その「背景放射」を観測することで、宇宙で最初にできた星の姿を探っています。

その他に、宇宙空間にただよっている、ガスやちりの研究も行っています。




「宇宙赤外線背景放射観測プロジェクト」のページから引用



きみっしょんに向けての意気込み


きみっしょんでは、意気込む必要があるのは高校生の皆さんなので、院生スタッフががんばりすぎてもどうしようもないと思います。ということで、皆さんのサポートを行う程度に参加したいと思います。でも質問などは遠慮なくしてくださいね。



                                      ざし