2016年6月16日木曜日

スタッフ紹介 佐野俊太

 こんにちは!東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻,橋本研修士1年の民(たみ)こと佐野俊太です!


乗馬を嗜んでいる私in香川

【研究室紹介】
 私の所属する橋本研では主に着陸機や宇宙機の航法誘導の研究を行っております.私の先輩方は最適経路計画のための着陸地点決定の研究や画像から速度を推定する研究を行っていて,これらは着陸機が着陸機の運用に大きな役割を果たします.
 私は,着陸機ではないのですが,火星ドローンを使うために,画像から高度や垂直方向の速度を推定する研究を行いたいと考えています.これが実現すれば,火星ドローンだけでなく,全ての宇宙機に利用できるため,大変価値のある研究だと考えています.この研究では画像処理と呼ばれる,画像情報をコンピュータに理解させる技術が必要なのですが,僕は画像処理に関して素人ですので,ここ最近はその勉強に励んでおります.画像処理に興味があるという方がいたら僕と一緒に勉強しましょう!



NASA/JPLによる開発中の火星ドローンの構想図:http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=4457

【はまっていること】
 最近私がはまっていることは筋トレです.やはり男子たるもの常に最強を目指すべきだと考えています.直近の目標としては宇宙研の中で最強になることです.男子高校生の諸君,我こそは最強というものがいれば私に挑んできなさい

【過去の研究】
 学部生時代には,自転車利用における障害物情報の共有システムための研究をしていました.このシステムが実現すれば,自転車利用同士で周辺地域での障害物情報を自動で検出,共有することが可能で,快適な経路を見つけることができます.
 小学生の頃,私はチャリを漕ぐのがめちゃめちゃ速いことで有名でした.しかし,当時は車などの障害物に衝突する危険性もあるため,有り余る力を抑えて漕がざるをえませんでした.私は未来の子供達が危険な障害物などに怯えないで,伸び伸びと自転車を漕げる道路社会を作りたいと思い,この研究をやろうと決意しました.

【きみっしょんに向けての意気込み】
 5日間でミッションを提案し,まとめるのはとても大変なことだと思いますが,その分君たちの成長にも結びつくでしょう.それは指導する我々院生たちも同様で,君たちを指導する過程で成長できると確信しています.お互いに素晴らしいきみっしょんを作り上げていきましょう!!