2016年6月28日火曜日

スタッフ紹介 外岡学志

みなさん,こんにちは!


きみっしょんスタッフ4年目の外岡学志(とのおかさとし)です。通称“との”です。
一般スタッフ→班長→事務局長ときて、一般スタッフに出戻りです。笑




静岡生まれ、北海道育ち、その後茨城、東京を経て、今は神奈川県に住んでいます。
好きな食べ物は魚とチーズケーキ、嫌いな食べ物はパクチーと生クリームです。

【所属】
そんな僕ですが.
総合研究大学院大学 宇宙科学専攻の博士2年です。
宇宙科学研究所 船木研究室に所属し「プラズマロケット」の研究をしています。
【趣味】
自転車ツーリング
大学時代、全国各地をテントを積んで自転車で廻ってきたので、高校生のみんなの地元にも立ち寄ったことがあるかもしれません!「原動機を付けたら負け」的な考えがどこかにあるので、バイクを毛嫌いしています。笑(自転車に限らず、スポーツは割と何でも好きです。サッカー・テニス・陸上・スキー・モータースポーツ、などなど。)

映画
ホラー以外は何でも見ます。いつか自分の映画館を持ちたい、というのが密かな夢だったりします。笑 思い返してみると、スターウォーズやアルマゲドンなどのSF映画に影響を受けて、宇宙が好きになったところもありますね。

【研究】
火星に行こう
人類はこれまで、1961年に有人宇宙飛行を、1969年に月面着陸を達成してきました。
さぁ次に目指すところはドコか!?

そう。火星です。

研究の最終目標はズバリ「有人火星探査」
それを実現するためには、地球と火星を往復で、かつ高速で、大型物資を運ぶことのできる宇宙船が必要です。そして、その宇宙船のエンジンとして期待されるのが、大出力プラズマロケットなのです。

プラズマロケット
このプラズマロケットは電気推進機とも呼ばれ、皆さんに一番馴染みがあるのは、はやぶさに搭載されたイオンエンジンだと思います。しかし、現在世界では、様々なタイプのプラズマロケットが研究されているのです。それぞれプラズマロケットが持っている特徴や目指している性能は様々なため、「目的地や所要時間、必要な燃料や電力といった条件から、最も適したロケットを選ぶ」という考えが生まれます。

皆さんが旅行を計画するときに、その交通手段を飛行機・電車・レンタカーなどから最適なものを選ぶのと同じです。

なので、別のタイプのプラズマロケットを研究している、班長のいでしゅん写真撮影チーフのオスカーは、研究の仲間であり、ライバルとも言えます。

実験屋さん
僕は実験屋さんなので、
実験室で「打ちまーす!3...2...1...」ボタンポチッ「バンッ!!」ってプラズマを打ってます。(ウソみたいに聞こえるかもしれませんが、本当です!)

そして打ったのが、コレ。
大出力プラズマロケットの点火の様子


最近は、自分の研究と趣味が相まって、
スターウォーズインターステラーオデッセイなどに登場する宇宙船を見ると、「あのソーラーパネルの大きさで...」「放熱板があそこに設置されてて...」「プラズマの色が...」なんて技術的な考察をしてしまいます。ほとんど職業病ですね。笑

【きみっしょんへの意気込み】
苦しんで苦しんで、苦しみ抜きましょう。
君たちには、そのための時間環境が与えられています。
それを無駄にしないよう、全力でぶつかってきて下さい。

知識がない。自信がない。と怖じ気づいている場合ではないんです!笑
取り敢えず、ぶつかってみる。そしたら何か返ってくるはず。

それでは、きみっしょんで会えるのを楽しみにしています!

との