2016年6月7日火曜日

スタッフ紹介 岩崎祥大


みなさん,こんにちは!

スタッフの岩崎祥大です.ニックネームは"みるくちゃ"です.すごいニックネームですね.

もうきみっしょんは3年目,昨年は生活サポート係チーフなんてもんもやってましたが,
今年はチーフの"おやっさん"を生温かく見守っとります.


右が私です.左は2年前のきみっしょん参加者です.左が私だと言いたかったのですが年の差は残酷です.




趣味はフットサル,剣道と本屋放浪です.
フットサルは毎週木曜日に,宇宙研内のフットサルコートで学生や職員さんたちとやってます.
剣道はぶっちゃけ最近やってないです笑 防具がね,ゆるんでしまった体に合わなくなって...


【所属とか】
総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻の3年目 (博士後期課程1年相当) です.

ロケットの推進剤 (燃料) に関する研究を行っている 羽生宏人先生の研究室で学んでいます.

詳しくは以下のHPを見て下さいまし.
[研究室HP]
 http://www.isas.jaxa.jp/home/propellant/

[研究室twitter]
 https://twitter.com/JaxaRocketProp


【研究】

固体ロケット推進薬製造技術の中でも技術が遅れている,ドロドロの液状ゴム・金属粉体・酸化剤を混ぜる工程において,世界で初めて量産技術を導入!一機当たりの製造コストを劇的に下げてやろう!!というのが私の研究です.
前から将来必要なロケット技術革新の一つとも呼ばれていましたが,最近半ば諦め気味なところに,世界一の固体ロケット技術を誇る日本が満を持してって感じですね.


ロケットですから高性能かつ完璧を求められるのですが,今の時代はたくさん作って衛星をバンバン上げること (宇宙輸送の高頻度化) も求められちゃう.
例えば「パンケーキを大量に作れ,それも表参道で流行るレベルにふわっふわのパンケーキを作れ」と急かされているようなものです.


パンケーキの生地は,小麦粉や砂糖,卵,牛乳を混ぜて作ります.そもそもこやつらを混ぜる時点でしんどい.
小麦粉をドサーッと入れて,ボソボソのダマが残らないようになめらかーに混ぜる.ふわふわにするためには,空気も適度に入れる混ぜ方がいりますし,成分が一様になってほしい.
砂糖や小麦粉なんて,混ぜるときの温度湿度で混ざり方も違うしー..

しかも,表参道のセレブが満足するぐらいのクオリティで,しんどい粉混ぜをいっぱいするにはどうしたらいいでしょう?
でかい器?いえいえ,それだとめっちゃ疲れるし,混ざりが適当になります.

大きい工場のように,どんどん材料が機械に投入されて,どんどん生地が出てくる,混ぜるのも機械任せの自動というのが,連続化です.
しかも生地の成分混ざり具合,泡の入り具合を検出し続け,ビックデータ解析で高品質を保証することでセレブを満足させることも必要.


ということで,私の研究に必要なことは三つ.やることがいっぱいありますが,日々楽しくやっています!
ロケット推進薬製造に見合う高性能・高効率な連続混合装置



ビックデータ処理可能な形で推進薬の品質保証
・上二つの要素を軸に,実際にプロセスを最適設計


もっと面白いのは,この研究は「『ロケット・宇宙開発』を旗印に一般産業技術の研究を洗練する!」という目標の元,産官学連携の学際プロジェクト研究になっているということ!
自分の研究だけではなくて,仲間たち全員で日本の産業全体を変えてやろうと奔走しています.

そういえば,このプロジェクトに関して今年3月に大阪で講演した際は,きみっしょんに参加した関西の皆さんが集まってくれましたね笑
http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/event/detail.php?i=282


他,研究活動と並行して,
色々な開発段階のロケットエンジン燃焼試験に参加したり!
写真はイプシロンロケット第二段新型エンジンのM-35です.ロケットのエネルギーというかパワーというか,やっぱり心からワクワクします.



今年度には続々と固体ロケットがお目見えするので,楽しみにしていてください!!






たくさんの人に見送られて勇壮に飛び立つロケット,あの大きな咆哮を聞くたびに胸がいっぱいになります.

宇宙開発の中でも,実は地味なのがロケットだと思っています.(実際に大学の研究室レベルになると,ロケット推進の人気は無くなっていきますから)
地味な割に,"地球の重力や大気とケンカして飛び出す"エネルギーを持っていて危ない.

それでも,エネルギーをギリギリで制御する怖さ,煤や煙にまみれて作業する辛さも何もかも,ロケットは豪快に吹っ飛ばして宇宙に一直線です.
その力強さに,日本中の人たちが願いをかけてくれます.

だからこそ,温故知新,古きを尊びつつ,60年間連綿と続くJAXAのロケットを新たに切り拓く研究をしていると,本当に楽しいです!


【きみっしょんへの意気込み】

意気込み!

意気込みか!!

もう,なんというか,過去二年間,「みるくちゃんは厳しい」と言われてますからね!!!

みるくちゃん優しい,超優しい」と言われてみたいですね笑
厳しいとか言われたら,みるくちゃんは陰でものごっつヘコんでますからね.

後は,1年目は自分も宇宙科学を一緒に勉強しながら,2年目は全体の進行も気を配りーの,なんて感じでだったので,
高校生のみなさんが考えたミッションが「ああー,このミッションはナルホド一理あるナァ」と万人を感心させられるような,心に響くミッションになるよう効果的にお手伝いしたいですね.

きみっしょんが終わったとき,大学に入るとき,社会に出るとき,思い返す節目節目で,「あー,きみっしょん,出てよかったな」と思ってもらえるような,そんな5日間にしてもらえるよう,頑張ります.

みるくちゃん