2016年7月11日月曜日

スタッフ紹介 今井優介

こんにちは。
新スタッフの今井優介です。
現在あだ名は特にありませんが、過去には「まいゆ」と呼ばれてたときがありました。
(名前を平仮名にするとわかります。)
よろしくお願いします。


自己紹介


所属
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻の修士1年です。
宇宙研の宇宙プラズマの齋藤義文研究室に所属しています。


研究内容
・学部
X線天文学という分野で、「ティコの超新星残骸の爆発放出物の分布」を研究していました。
ティコの超新星残骸は1572年にTycho Braheによって観測された天体で、当時は肉眼でも見られましたが現在は見ることができません。
しかし、X線では多くの元素が放出されている姿が観測できます。


・大学院(現在)
研究テーマは、月や惑星探査用の飛行時間型質量分析器の開発です。
簡単に言うと、将来的に月や惑星の探査の際に用いる質量分析器(リフレクトロン)です。
大型で高性能なリフレクトロンは開発されていますが、惑星探査等の際には大きすぎて持って行けません。
そのため、惑星探査で使えるように機器を小型化することが必要であり、その開発を研究しています。
リフレクトロン試験モデルの外観



趣味
中学生のときから吹奏楽部所属でした。
楽器(特にサクソフォン)を吹くのが好きです。
もちろん聞くことも好きです。


一言
初めてでわからないことも多いですが、皆さんの手助けができるように頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

まいゆ