2016年7月12日火曜日

スタッフ紹介 小山舜平

こんにちは。
「きみっしょん」スタッフの小山です。
みんなからは「こまめ」と呼ばれています。



自己紹介
東京工業大学 理学院所属の博士2年生として、
宇宙研の赤外線グループ(HP : www.ir.isas.jaxa.jp/index_ir_J.html)で研究を行っています。

趣味はなんだろう?
色々と手を出してますが、
最近は音楽を聴いたり、パソコンを作ってみたりしています。
あと、たまーにお菓子も作ります。現在はマカロンに挑戦中です。
見ての通り基本インドア派なのですが、山登りは例外でわりと好きだったりもします。


研究内容
分野としては、”銀河進化”と呼ばれるものについて普段は研究しています。
銀河というのは星やらチリやらガスやらダークマターやら、が集まってできた巨大な塊なわけですが、宇宙にはその塊が沢山漂っています。
私たちの住む太陽系も、この銀河の内の1つである天の川銀河に所属していますね。
この銀河というものがどのように出来て、どうやって成長していくのか、というのを解明しようというのが、”銀河進化”と呼ばれる分野の大目標です。

ただし、"銀河進化"といってもその研究範囲はとても広いので、銀河が生まれるところを研究している人、成長するところを研究している人、といった感じに細分化して研究がされています。
ちなみに私は、銀河が衰えていくところに興味があります。
誕生や成長と比べると、ちょっと地味な感じは否めないですかね?
銀河が衰えるというのは新しい星を作らなくなる、といったことに相当するのですが、この辺りのメカニズムもまだ謎だらけで、面白い研究分野なんですよ。
気になる方は是非、質問してみてください〜。

こんな感じのことを、赤外線天文衛星「あかり」(今までの記事にも何回かでてきたかな?)のデータだったり、他の色々な観測データも併用して研究しています。
最近は電波観測にも挑戦していて、野辺山にある45m電波望遠鏡を使った電波観測なんかにも手を出しています。

皿の直径が45mもある巨大な電波望遠鏡です。
(提供 国立天文台: http://www.nro.nao.ac.jp/gallery/45m.html)


「きみっしょん」に向けてのメッセージ
「きみっしょん」では高校生同士で議論をすることで一つのミッションを作り上げる訳ですが、このときに頭の片隅に置いて欲しいことがあります。
それは「格好つける必要はない」ということです。
議論のときに良い意見を言おうと気負わないことが大切で、どんな意見でもまずは口に出してみましょう。
恥ずかしい気持ちが出てしまうのは私もよーく分かりますが、そこから踏み出せれば5日間を最大限に楽しむことができると思います。
頑張りましょー。

こまめ