2016年8月11日木曜日

ASTRO班 班長総括

こんにちは!

ASTRO班で班長をしていました、しもっちこと下川です。


期間中は長いと思っていたきみっしょんも、終わってみればあっという間。
スタッフにとっても高校生のみなさんにとっても、濃密な5日間になったはずです。
この記事ではASTRO班の視点からきみっしょんの5日間を振り返っていきましょう。
他の班長めちゃくちゃ長く書いてるけどそんなに書けないよ!

まずは高校生紹介から!


KYOEI
7ヶ所ものJAXAの事業所に行ったことがあるという、宇宙施設好き。
1年生でありながらとても手際が良く、所々で意見に感心させられたり、
上手に議論や質疑をまとめてくれたりと、チームに大きく貢献してくれました。


みくぽん
自己紹介で見せてくれた、微小重力空間用途でのピペット開発についてのポスターには圧倒されました。
最初はおとなしい子だなと思っていたら、その好奇心と探究心でどんどん
先へと突っ走っていき、他のみんなが必死に追いつこうとする構図が度々。


いぇーがー
土星が大好き。また強運で、ガチャガチャにてはやぶさ2の模型を引き当ててました。金星は?あかつきは??
調べ学習が得意で、短時間のうちにとてつもない量の情報を仕入れて発表してくれたり、
その中から問題解決の糸口が度々見つかったりと、とても助けられました。



なっちゃん
将来の夢が「幸せになる」だったなっちゃん。きみっしょんでは幸せになれたかな?
ミッション作成には人一倍しっかりと取り組み、また最初はちょっとおとなしめだった
ASTRO班を持ち前の明るさで徐々に盛り上げてくれました。


トミT
M51が好き、乙女座生まれ、きみっしょんを星の一生に例えるなど、とてもいいキャラしてました。
3年生らしく議論ではリーダーシップを発揮してくれ、うまくチームをまとめてくれたので
安心して進行を任せられるシーンが多々ありました。受験頑張れ!


てっちゃん
クールな外見の通り(?)、ミッション作成中も常に冷静に物事を考え、的確な意見で
議論の流れを良い方向に導いてくれた、ある意味チームの見守り役。
本や映画についての談義をもっと聞けば良かったです。受験頑張…あれ?


続いてスタッフ紹介!こちらは簡潔にいきます。

班長:しもっち
この記事の執筆者です。
だいたい「あかつき」の宣伝をしてました。宇宙研に来た際は新グッズ買ってね!

初日に愛用の双眼鏡も持ってきました。特に使いませんでした

修士2年ズ:まし、さっつん
ASTRO班誕生当初から班会議に携わってくれた2人。
広報のお仕事がたくさんある中、班の仕事もやってくれて有難かったです。

今年は茶髪で登場のまし(左)と、ASTROスタッフ紅一点のさっつん(右) 

博士課程ズ:ざし、こまめ、ばば、きょん
全員きみっしょん経験が長いベテラン揃いな上、前者3名は知る人ぞ知る天文学大百科。
ミッション作成での班長の至らぬ所をビシっと修正して頂きつつ、知識面でも大いに助けられました。

毎年信者を増やすと言われているざしさん

去年の班長こまめさん(右)

去年の副事務局長ばばさん

きみっしょん大ベテランのきょんさん(一番右)

修士1年ズ:あんどりゅー、かっしー、民、のむ、くまもんやまもん
お願いした仕事を完璧にこなしてくれたり、高校生のミッション作成を一番身近で
サポートしてくれたりと、本当に初きみっしょんだった?ってくらいの働きぶりでした。
来年のきみっしょんも安心かな??

ルービックキューバーのむさん

切り込み隊長かっしー

ダブルピースの民と後ろで見守るやまもん

あんどりゅーは撮影に徹してくれたため残念ながら期間中写っていませんでしたが、被写体の手前にいる姿を想像してあげてください。


それでは写真で5日間を振り返ってみましょう。


1日目

集合時間の30分前に駅に着いた班長たち。
まあ数人くらいは集まってるかなと思いきや、すでに8割近くも集まっていて驚きました。
そんな中で一番早く6人揃ったのがASTRO班!でもバスは2番手でした

駅からバス乗り場まで移動する道中

これが第15回きみっしょんのASTRO班だ!

全体オリエンテーションの後、まずはスタッフ自己紹介、高校生自己紹介をしてもらいました。


続けて、宿題である「宇宙天文に関するトピック6つについてA4用紙2枚にまとめ、1〜2分で説明する」について一人ひとり発表してもらいました。
それぞれの項目を分かる範囲でさらっと紹介してもらうことで、議論の出発点にしようかなと。


…が、6人全員めちゃくちゃ詳しくまとめてくれたため、発表時間平均9分という良い意味での裏切られ方をしたのでした。


その後、宿題で出てきたトピックと関連語句について付箋に書き出し、模造紙に貼りつつカテゴリ分けをしてもらったのですが…


どんどん貼り付けられては分類されていき…


最終的にこんなたくさんの項目とカテゴリが登場しましたとさ。

一作業終わった後は夕食へ!

きみっしょん初めての食事、いただきます!

夕食後はレクリエーションとして、かっしー考案の「共通点カウントダウンゲーム」を班対抗で行いました。


結果は残念ながら3位…。 誰だこのゲーム考案したの!

夜のミッション作成時間では、先のカテゴリ分けの中から興味あるカテゴリとトピックを選んでもらい、調べ学習の時間に。

ペアになって調べてもらい、まとめて発表してもらったところで1日目は終了。

最後にASTROで記念撮影!


2日目

2日目は前日夜に調べてもらったことに対して、ミッション作成の観点で「背景・目的・手段」に注目して整理してもらう作業から始めました。


こうしてミッションの候補となるトピックが「系外惑星の磁場」「ガンマ線バースト」「ダークエネルギー」の3つに。

昼食のお弁当!

マニュアルを見ながらルービックキューブを習得しようとするいぇーがー

昼食後は所内見学の後、「イプシロンロケット」の森田先生による貴重な特別講義がありました。


その後のミッション作成時間では、まず3つのトピックに対してこれから集中して取り組むものを1つ選ぶことに。


それぞれに調べた人の思い入れがあり、譲れぬ戦いになりましたが、結果としてガンマ線バースト」に仮決定。
調べてみて行き詰まったら一旦戻ってトピックを決め直そうと約束しました(結果的にそのままガンマ線バーストで突き進むことになりましたが)。


どんどん調べていき、同様にまとめて発表していきました。
この辺りから内容がやや難しめに。

ビシっとこまめさんが物申す!という場面も。

2日目の夕食はカツカレー!


夕食後に「はやぶさ」模型の前で写真撮影。右側に「あかつき」コーナーが!
スタッフは「ASTROOOO」を体現したかったみたいですが…班長…

展示室もちょっと見学し、熱心に見て回っていました。

夕食後は、こまめさん+αによるミニ講義があり、博士課程の研究内容について学びつつ、ミッション作成の流れと対応できたのかなと思います。



夜のミッション作成時間では、ミニ講義の内容を振り返りつつ、ミッションの背景である「どこが分かっていてどこが分かっていないか、これが分かればどう面白いのか」について議論を続けていきました。


2日目はここまで!


3日目

引き続き、来る中間発表会に向けて議論を進めていき、調べていきます。

 

なかなか体力的に厳しくなってくるタイミングですが、まだまだ余裕そうです。

午前中のミッション作成を終えてお弁当!

さて午後一番のイベントは…


エッグランダーです。
…エッグランダーってなんだ??

簡単に紹介すると、


こんなのが


こうなって


こうやって落とされます。

…詳しくは別の記事で!!

エッグランダーが終わってみんな良い顔をしてます。

ここから中間発表会までひたすら詰めて準備です。

 

議論し、スライドを作り、発表練習。


指摘された点はしっかり直し、発表会に備えます。

そして迎えた中間発表会。
ガンマ線バーストのうち、継続時間が2秒以上のロングガンマ線バーストについて、まだ詳しく分かっていない発生機構を捉えたい!というのがミッション内容でした。

 
上手に発表しつつ、質問やコメントも熱心に聞いていました。

お疲れ様です!いただきます!

一番先に帰ってきたASTRO班は、他の班より1日早くジャケットを着させてもらえてました。

夕食後は発表会の反省をしつつ、最終発表会に生かしていきます。
ここまでくるとスタッフでも理解が大変な内容なのですが、疲れを見せずひたすら取り組んでいたのがとても印象的でした。

ちなみに班長の扇子は京都で買いました

ばばさんによる講義コーナーも!

そして夜は更けていく… 班長が逆向いてるって?


4日目

やってきましたミッション作成最終日。
どうやってロングガンマ線バーストの発生機構を解明するか?という手段の問題がなかなか難解で、行き詰まったら一歩引いてみようと提案はしたのですが、みんな全く引くことなく全力で取り組んでいました。

ギロッ

時には専門の研究者さんに質問をぶつけながら議論を進めていき、ようやく問題解決の糸口が!

午後は手段をまとめていき、最終発表会に向けたスライドを作っていきました。

発表練習。中間発表よりも格段に良くなっています。

コメントを踏まえ、会場まで移動するギリギリまで発表スライドを作っていました。

そしていよいよ4日間の集大成!
タイトルは、
観測によるロングガンマ線バーストの発生機構の解明
〜宇宙最大の爆発現象を探れ!〜


極超新星爆発によってブラックホールに変わろうとする恒星から発するジェットがどのように発生し、粒子がどのように加速して我々がガンマ線バーストとして捉えることができるのか、ASTRO班が考え出した手段は「ガンマ線、可視光線、重力波、ニュートリノ、X線偏光を全て連動させて観測する」でした。
JAXAの職員さんや先生方も含め多くの方から、厳しいものも含めいろいろな質問を頂き、回答に詰まったものもあれど一つ一つしっかりと答えられたんじゃないかなと思います。

そんな最終発表会の模様は以下のURLから!
https://youtu.be/K5RSxZy5_rQ?list=PL1y7jvKZ3BiMIXxw6MfyBOzGHryV9tbs7

最終発表会が終わった後、誕生日だったいぇーがーにプレゼントが!
いぇーがー誕生日おめでとう!

ガンマ(γ)のポーズで記念撮影。本当にこれγか??

発表会が終わった後はお疲れ様会ということでご馳走の立食パーティが!

…と思いきや、ちゃっかりみなさん椅子を取り出して座ってました。

最終発表会、お疲れ様会が終わり、とても良い表情に。

この後は座談会として、進路相談や大学院生スタッフの進路紹介・研究紹介をフリーにお話する会でしたが…


ASTRO班は全員ざしさんによる研究内容の講義に釘付けに。今年も見事に信者が増えました。


5日目

最終発表会が終わった後ももう一仕事。最終報告書の作成です。

最後の最後まで真剣そのものですね。

書き終わった報告書はスタッフが厳しく添削していきました。

そして修了式、全行程を終えた高校生のみなさんに、山村校長先生から修了証が授与されました。

みなさん5日間お疲れ様でした!


ちなみにその後の班長の挨拶で、あかつきクリアファイル争奪ジャンケン大会をしたのですが、


見事KYOEIが勝利!大事に使ってくださいね。


そしてASTRO班がのむさんの手によってルービックキューと化したのでした。


最後に高校生のみなさんから一言ずつメッセージとスタッフへのエールが!
とても感動でした。ありがとう!

お土産を買い、

ガチャを引き、

いよいよ帰りのバスへ。


5日間ASTRO班を見守ってくれたパネルを6つに分けて、1人1つ持ち帰ってもらうことにしました。


この6つのピースがまた揃う日が来ることを願って…

お別れは笑顔で!

バス見送り隊も全力疾走で!

駅に着いて、「はやぶさ2」をバックに最後のγポーズ。

九州大学での天文学会ジュニアセッションで会おう!と約束して、それぞれの帰路へ。


以上がASTRO班から見たきみっしょんの5日間でした。
この記事を書きながら振り返ってみると、本当に濃密でしたね。


班長より

いろいろと言いたいことはあるのですが、他の班長もたくさん書いてくれているので、自分からは2点だけ。

まず、自分が班長を務めたのがこの第15回きみっしょんで本当に良かったです。
高校生のみなさんもとても真面目でしっかりとしていて、時折自分が曖昧な指示になってしまったり間違ったことを言ってしまったりしたときも、柔軟に対応・修正してくれました。
去年のメンバーで班長をしていたら別な意味で意味で手に負えなかった気がします。
また、スタッフについても同様、上下関係無く自分の意見をしっかり聞いてくれた上で様々なアドバイスや修正をして下さるなど、一人ひとりの支えがあってこそ第15回のASTRO班が成り立っていったのだと思っています。
本当にありがとうございました。

2つ目に、班長からの言葉で散々「あかつき」を推していたわけですが、あれは特にあかつきグッズが売れたからって何かあるわけでもなく、
ISAS/JAXAの衛星やプロジェクトに今後も目を向け続けて欲しい、というはっきりとした意図があったのです。
言ってしまえば、「あかつき」以外の様々なプロジェクトに興味を持ってもらっても構いません。
日本の宇宙開発の拠点であるJAXA、かつ日本の宇宙科学の研究拠点であるISASを構えるここ相模原に、みなさんが研究者として来ることができるのは早くても5年後でしょう。その頃には東京オリンピックも終わり、多くのスタッフは相模原を離れて様々な場所で活躍を続け、「あかつき」は運用を終え、「はやぶさ2」は地球にRyuguの粒子を持ち帰り、「BepiColombo」は水星への旅を続け、「ひとみ」の後継機はすでに打ち上がっているかもしれません。
そのときに日本の宇宙開発プロジェクトの未来を背負っていく、あるいは中心となって応援し、盛り上げていくのは紛れも無く現在高校生であるみなさんなのです。
宇宙開発には多くの夢があることをみなさんは知っています。また、どうやってミッションができていくのかもこのきみっしょんで学んだはずです。
みなさんの中から相模原で研究を行う人が、また宇宙開発のプロジェクトマネージャとなる人が出ることを期待しています。
もちろん未来のきみっしょんスタッフにも是非!


思ったよりも長くなってしまいましたが、最後に。

きみっしょんでやり残したことや後悔したことは挽回のチャンスがまだあります。
高校生活は段々忙しくなってくると思いますが、是非天文学会ジュニアセッションに備えて、後悔のないようにミッションを洗練させてみてください。


それでは、2017年3月、九州でお会いしましょう!


ASTRO班 しもっち





P.S. きみっしょん期間中のASTRO班のブログ記事閲覧者数が他班より多かったみたいです。ありがとうございます!特に班長が執筆した4日目!